RIS

デンカライジングシステム工法(RIS)は劣化したコンクリート構造物の内部鉄筋の防錆処理から、表面仕上げまで総合的な補修・改修を行うコンクリート構造物補修システムです。

特徴
  1. 内部鉄筋の保護処理から仕上げまでの総合的な補修システムです。
  2. 特殊亜硝酸系防錆剤の優れた効果で、鉄筋を錆から守ります。
  3. 下地コンクリートとの付着性に優れています。
  4. エトリンガイトの技術を応用した緻密性に優れた断面修復材は種々のグレードを揃え、かぶり厚さ、工期に応じてお選びいただけます。
  5. 良好な作業性で現場条件に適した材料をご使用いただけます。

商品ラインナップ

材料 商品名 機能
防錆剤 RIS111 特殊亜硝酸塩を主成分とし鉄筋腐食抑制に有効。
RIS防錆パウダー RIS111と練混ぜ鉄筋に塗布し、鉄筋を発錆から防ぎます。
モルタル混和用防錆剤 RIS111A 高濃度の亜硝酸塩を主成分とし、鉄筋腐食抑制に有効。
プライマー RIS211E EVA系エマルジョンを主成分とした高性能モルタル接着剤。
断面修復材
(ポリマーセメントモルタル)
RIS321エース 厚塗り汎用タイプ(標準塗り厚 10~20mm)
RIS322エース 厚塗り早強タイプ(標準塗り厚 10~20mm)
RISライトハードエース 軽量の急硬・低収縮・高耐久タイプ(標準塗り厚 5~30mm)
RISラピッドエース 厚塗りの急硬高強度タイプ(標準塗り厚 10~20mm)
仕上げ材 RIS411エース 薄塗りタイプ(標準塗り厚 2mm)
養生剤 RISフルコート 有機・無機複合型ポリマーエマルジョンを主成分とした高機能養生剤。

お問い合わせ

部署名:建設資材特混部

お電話のお問い合わせ FAXでのお問い合わせ
TEL:03-3834-3777 FAX:03-3834-3787