ガルバーシールド

塩害や中性化などを受けたコンクリートを補修モルタルで断面修復する際、既設コンクリートと断面修復部の界面で、マクロセル腐食現象がおこり、比較的短時間で再劣化が起こることが知られております。
ガルバーシールド工法は塩害による劣化した構造物の補修の際、鉄筋に装着し補修材の中に埋め込むだけの簡単なシステムです。

特徴
  1. コンクリート中の鋼材腐食防止
  2. 断面修復後の耐久性向上
  3. 施工が簡単
  4. 構造物の外観を変えない
  5. メンテナンスフリー
  6. 予防保全にも適用可能
品名 タイプ サイズ
デンカガルバーシールドF 薄型タイプ 13mm×45mm×140mm
デンカガルバーシールドXP 丸型タイプ 30mm×φ60mm(下底φ65mm)


お問い合わせ

部署名:建設資材特混部

お電話のお問い合わせ FAXでのお問い合わせ
TEL:03-3834-3777 FAX:03-3834-3787