NAV-G工法

アクリル系樹脂接着剤(デンカハードロックⅡ)をガラスクロス(NAV-Gシート)に塗布することにより透明度の高いFRPを覆工表面に形成でき、施工後も覆工表面の既存ひび割れの進展状況や、新たなひび割れの発生等を目視観察する事ができる新しいはく落防止対策工法です。

特徴
  1. 可視性
    • 従来にない透明性が確保されます。
    • 長期間にわたる可視性の持続が期待できます。
  2. 工期短縮
    • ハードロックⅡは速硬性、低温硬化性で、寒冷地、時間制限のある事で工期の短縮が期待できます。
  3. 力学特性
    • はく落防止性、付着強さに優れます。
  4. 安全衛生
    • 耐火性に優れ、燃焼時に有毒ガスが発生しません。
    • 皮膚刺激性が低く、環境ホルモン物質を含有してません。
  5. 経済性
    • ガラスクロスは従来の当て板工で使用の炭素繊維、アラミド繊維に比べ経済的です。

お問い合わせ

部署名:建設資材特混部

お電話のお問い合わせ FAXでのお問い合わせ
TEL:03-3834-3777 FAX:03-3834-3787